2020年がまだ3ヶ月しか経ってないのにマラソン関係の重大ニュース多すぎな件

タイトルそのまんまです。

2020年になってからまだ3ヶ月しか経ってないのに、マラソン関係の(個人的に)重大ニュースが多すぎなのでまとめてみました。

・箱根駅伝で区間新続出

2020年1月2日〜3日の箱根駅伝で、10区間中7区間で区間新が出ました(優勝は青山大学)。

選手の努力があるのはもちろんですが、全選手中84%の選手がナイキの厚底シューズを履いていたことからも、やっぱりシューズの力もあるのかなと(1区区間賞の選手も言ってましたね)。

しかし、これだけ区間新が出ながらいまだに破られていない1区の佐藤悠基さんや渡辺康幸さん、今回東洋相澤選手に破られましたが3区のモグス選手の記録は改めて凄いですね。

彼らが厚底で走っていたらどれだけの記録が出たのか興味があります。

ただ、そんな凄い佐藤悠基さんでもマラソンでは記録を残しているとは言い難いです。

素人考えだとハーフの距離で凄いならマラソンも凄いんじゃ?と思ってしまいますが、難しいものですね。

【箱根駅伝】10区間中7区間で新記録誕生…まれにみる高速レースの区間賞一覧

・さいたま国際マラソン中止

地元埼玉のマラソン大会で、マラソン大会初出場&2020年3月時点で自己ベストのさいたま国際マラソンが中止(廃止)になりました。

埼玉の見慣れた風景を走る大会なので愛着もありましたが、中止は仕方ないのかなと思います。

アップダウンが多くてタイムが出にくく、有力選手だけでなく一般ランナーからの人気も低かったと思います。

同時期に開催される湘南国際マラソンは先着順のエントリーで、エントリー直後はサイトが繋がらなくなるほどアクセスが殺到しますし、大阪マラソンは抽選で4倍を超える倍率ですが、さいたまは先着順にもかかわらずエントリー締め切り直前でも定員割れの状態でした。

2021年は市民マラソンとして継続するかもしれないので、その際はまた出たいです。

ちなみに、人気がなかった理由はさいたまの風景が退屈なのも理由かも?(横浜マラソンのあとでさいたま国際を走ったときに風景が退屈と思いましたw)

さいたま国際マラソン、開催見送り発表

・北海道マラソン中止

毎年8月に行われる北海道マラソンが、2020年はオリンピックの影響で中止になりました。

オリンピックのマラソンが札幌で行われることで施設の準備や人員確保が難しいことが理由らしいです。

。。。

ふざけんな!!!

いやほんと、オリンピックっていろいろなところに迷惑かけてると思います。

8月の東京でマラソンをやるのは自殺行為なので、選手の安全のために場所を変更するのはわかりますが、元々は猪瀬元都知事がオリンピック招致のときに8月の東京のことを「温暖で理想的な気候」とか言って招致しなければ。。。

8月の東京を「温暖」っていう表現する人は真面目に頭おかしい

しかも、コロナウイルスもとい武漢ウイルスの影響で東京オリンピックが2021年に延期になったので、もしかしたら北海道マラソンは2年連続で中止になるかもしれません。

中国もほんとやらかしてくれました。

北海道マラソンはフルマラソンで唯一DNFした大会なので絶対リベンジします。

北海道マラソン、20年大会は中止決定

・ナイキの厚底シューズ

箱根駅伝でも区間新記録が出まくりの例のナイキの厚底シューズが規制されるかも?

好記録続出「厚底シューズ」世界陸連が禁止へ 英報道

からの、世界陸連がソールの厚さやレース4ヶ月前から一般購入できることなどを定めた新規則発表。

厚底シューズで世界陸連が新規則発表 ナイキ現行モデルは可“2時間切り”靴は規制に

からの、ナイキが上記規則を満たしている新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」を発表。

ナイキ「厚底」新モデル、東京五輪もOK 2月末発売

まあ、一部選手からは「不公平」みたいな意見も出てましたが、そもそも今までのヴェイパーフライシリーズも一般販売されていて、誰でも購入できるのに不公平とか意味不明でしたけどね。

スポンサー絡みで履けないとかはあったでしょうけど、厚底シューズが不公平なら、その選手専用のオーダーメイドのシューズの方がもっと不公平だと思いますが。

私も、サブフォー達成したら買おうかな?

・東京マラソン、一般参加中止

はぁ〜〜〜〜〜〜

武漢ウイルスの影響で、東京マラソンの一般参加は中止になりました。

感染拡大を防ぐためには仕方ないと思いますし、参加料が返金されないのも規約に書いてあるので特に文句はないです。

2021年大会の出走権が与えられるみたいですし。

東京マラソン 一般参加中止を正式発表 参加料返金せず 来年出走権特例も別途参加料

ただ、東京マラソン前の2019年の横浜マラソン、さいたま国際、2020年のハイテクハーフ、神奈川マラソンと4レース連続で自己ベストを更新していたので、タイムの出やすい東京マラソンでも多分また自己ベストを更新出来たと思うので残念です。

参加料は返ってこなくていいから、世界中から中国に対して損害賠償請求とかして欲しいですね。

“対応遅れで感染拡大” 米で中国政府を相手に集団訴訟の動き

・大迫選手、日本新記録樹立

上記の私は走れなかった東京マラソンで、大迫選手が日本新を樹立しました。

途中で井上選手に離されましたが、無理についていこうとせずに自分のペースで走ってペースの落ちた井上選手を逆転して日本新。

私が言うのはおこがましいですが凄いの一言ですね。

1kmを3分以内のペースでフルマラソンとか元東洋大の今西選手ではないですが人間じゃないかと笑

大迫日本新、五輪へ前進 東京マラソン 2時間5分29秒

 

以上、2020年3月時点でのマラソン重大ニュースでした。

ちなみに、参加予定だった2020年4月の前橋・渋川シティマラソン、2020年10月のちばアクアラインマラソンも中止に(ちなみにちばアクアラインマラソンは隔年開催)。

もう泣きたい。

「ちばアクアラインマラソン2020」開催中止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA