テーブル定義書を自動生成する方法

DBから、テーブル定義書を自動生成する方法をご紹介します。

自動生成するためにはA5:SQLというWindowsで使えるフリーのツールが必要なので、予めダウンロードしておきましょう。

A5:SQLをダウンロードして起動したら、テーブル定義書を作成したいDBに接続します。

まず、メニューからデータベース→データベースの追加と削除と進みます。

 

下記のようなウィンドウが表示されるので、左下の「追加」ボタンをクリックします。

 

下記のようなウィンドウが表示されるので、接続したいDBを選択します。今回は「MySQL/MariaDB」を選択します。

 

下記のようなウィンドウが表示されるので、接続するDBのホスト名やユーザーIDなどを入力します。「テスト接続」をクリックして「接続に成功しました。」と表示されれば接続成功です。

 

テスト接続が成功したらDBの情報を保存します。

「OK」をクリックすると下記のようなウィンドウが表示されるので、自分がわかりやすい名前を入力して「OK」をクリックします。

 

「閉じる」をクリックしてDBの追加を終了します。

 

元の画面に戻ると左のツリーに先ほど追加したDBが表示されているはずです。

追加したDBを選択して(下記の例では「test」)右クリック→データベースを開くと進みます。

 

下記のウィンドウが表示されるので「接続」をクリックするとDBに接続出来ます。

 

DBに接続出来たらメニューからデータベース→テーブル定義書作成と進みます。

 

下記のようなウィンドウが表示されるので、テーブル定義書を作成したいテーブルを全て選択し、「テーブル定義書作成」ボタンをクリックします。

 

すると、しばらく待っていると下記のようにExcelでテーブル定義書が作成されます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA