iOS14のSafariでWebpに対応になったので試してみた

iOS14のSafariでようやくWebpが対応になったので試してみました。

わかりやすいようにwebpの場合は「Webp」という文字の画像、pngの場合は「Png」という文字の画像を表示しています。

普通にimgタグに書くやり方と、pictureタグで書くやり方両方試していますが確かにWebpの画像が表示されいます。
ただ、2020年9月18日現在だとMacのSafariはまだWebpは非対応です。
macOS Big SurになってからようやくMac版SafariでもWebpが表示されるようになりました。

■imgタグ

■pictureタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA